〜不調に縛られず、日々を普通に過ごせる幸せを〜

温湿布と冷湿布の使い分け

温湿布と冷湿布の使い分け

あなたはどっちを使う??

湿布



先日の姫路レッスンで
湿布の使い分けについて話をしました。


いわゆる「コリ」を緩和してくれるのは
温湿布でしょうか?
それとも冷湿布でしょうか?


もし、肩や腰の痛みの原因が
血行不良ならば「温湿布」


炎症ならば「冷湿布」を使うことを
私はおすすめします。


血行不良を起こしているのに
冷湿布を使ってしまうと


一時的には楽になったと感じるでしょうが
血液が冷やされて凝固し
余計に流れが悪くなりがちです。

筋肉を和らげて血流を良くしなければ

コリは解消されないので
温湿布を使う方が効果があると思います。


スポーツや筋トレをして
筋肉が熱くなっている時や
捻挫、打撲など炎症を起こしている時は
冷湿布を使うといいでしょう。
(アイシングも同じですね)


ですが


スポーツや筋トレをした日の夜は
乳酸などの疲労物質を流しやすくするためにも
お風呂に浸かって
身体の内側から温めて筋肉を和らげましょう。


その方が筋肉痛も
短時間、短日でおさまりますよ(^^)

コメント



認証コード9349

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 4.9
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional